今後伸びてくる成長業界とは?

ニュース

こんにちはCSParkCareerです。

本日は「内定獲得」に向けて全力で走っている皆様に、少し時間軸を広げてお話をしたいなと思っています。

「これからの日本ってどうなるの?」

「どんな業界が伸びていくの?」

「逆に衰退しそうな企業は?」



今みなさんが当たり前に存在していると思っている企業は、少し過去に遡ると当たり前ではありませんでした。



IT企業


今から6,70年前は、インターネットというもの自体が存在しませんでした。

そんな状況から、みなさんが中学生、高校生の頃にスマートホンが一気に普及してきています。
その頃からIT業界の市場規模(市場規模=ある市場における、売上総額と捉えていただいて大丈夫です。)が大きくなりつつあります。

約10年前の2007年には6兆円だった市場規模も、2017年には12兆円となっており、この10年で約2倍へと成長しています。

そして今もその流れは続いており最近ではIT業界の中でも、Fintech(Financial(金融)とtechnology(技術)を組み合わせた造語)業界やInstech(Insurance(保険)とtechnology(技術))がものすごく伸びてきています。

また、今後IT業界が伸びるに連れて大きくなってくるであろう業界がITコンサル業界です。

ITがどれだけ発展をしてもそれを使いこなす人達がいなければなんの意味もありません。

だからこそ、ITの開発に伴ってそれを「実行」するための人間のスキルが必要となってきます。



②広告代理店業界


大手で言うと、オプトやサイバーエージェントなどです。
この業界は、一昔前、特にはバブルの時代に高額収入の職業、今後大きく伸びるであろうという業界として、注目を浴びていました。

その頃は大手広告会社である、電通や博報堂なども伸びていましたが、最近になってIT市場が大きくなるに連れて「IT x 広告」の事業である広告代理店が大きくなってきています。

実は、景気に最も大きく左右されるのが広告業界と言われています。

景気が悪くなると企業が1番に経費削減で思いつくのは広告費だからです。

ですが、今は昔ほど景気に大きな影響を受けなくなっています。

それは、サイバーエージェントさんが、「アメブロ」や「AbemaTV」など様々な事業、サービスへと手を広げいっているように、今までテレビ業界や新聞、雑誌などにかけられていた広告費用が「インターネット」や「プロモーションメディア」へと変遷しつつシェアを占めることができているという背景などがあります。

そういった背景からも今後も継続して伸びる業界の一つとして広告代理店業界があげられます。



③介護業界


ご存知の通り、日本は少子高齢化問題、2025年問題(「団塊の世代」という巨大な集団が後期高齢者となり、少子高齢化問題にさらに拍車がかかってしまうことで生じる多くの問題を表した言葉)に今後悩まされていきます。

これを少し言い換えると、介護系のお仕事は今後さらにニーズが増していきます。

そして、今でもそうですが、圧倒的に人が足りていません。

1960年には「現役世代約11人」で1人の高齢者を抱えていたにも関わらず、2060年には「現役世代1.3人」で一人の高齢者を支えていくこととなります。

この問題、課題を解決するために先述したICTやAIがすごい勢いで介護の業界に参入してはいます。

ですが、ICTやAIがどれだけ発達しても人間の感情を人間と同じように扱うことは難しいとされています。

そういった背景のもと、今後は介護系のマーケットが圧倒的に大きくなっていくのではと予想をすることができます。

そして逆に、タクシードライバーや小売店販売員など、機械やIT、AIなどで代替できるものは今後どんどん市場規模が衰退傾向にあります。
例えば、中国ではすでに無人のコンビニができています。

自動販売機ならぬ、自動コンビニのようなものです。
他にもたくさんありますが、書いていくときりがありません。





最後に...『成長業界』から考えてほしいこと


今回の記事で皆様にお伝えしたいことは、どの業界が伸びているとか、衰退しているとかそういったことではありません。


自分の人生にとって大事な就職活動。この活動を行うにあたってもっともっと深く、たくさんのことを知り、勉強してみて下さい。

色々な企業の人事とお会い出来るのは、おそらく一生のうちで就活生としての仮面を被っているこの時期だけでしょう。

せっかくのチャンスを自分のものにしてもらうためにも自ら進んで様々な情報を取りに行って下さい。

そして最後に…この機会にぜひ、みなさんの志望している業界を調べてみて下さい。
今後就活をする上で、あなたの業界がどのような推移をしてきたのか、どのように推移していくと予想されているのか。
そんな情報にも少しアンテナを立てて調べてみて下さい。
きっとあなたの内定獲得のお手伝いをしてくれるはずです。


これからも就活を応援しています!
一緒に頑張りましょう。

Column
おすすめコラム

LINE@登録はこちら!