国を、企業を、地域を支える銀行業界。その動向とやりがいとは?業界研究ラボvol.3

あなたは金融業界に対して、どんなイメージを持っていますか?


「給料が安定してそう」

「お金を取り扱っている」

「なんとなく硬派なイメージ」


人によって様々なイメージを持っているのではないでしょうか?


金融業界と一口に言っても、大きく銀行・保険・証券会社に分けられ、それぞれやり甲斐や業務内容が異なります。


今回はそんな金融業界の中でも銀行のやりがいや業務、メリットデメリットなどについて解説します。


この記事で書かれていること

銀行の3大業務

都市銀行と地方銀行の違い

今後の業界動向

銀行で働くやりがい

りそな銀行について

まとめ


あなたは知っていますか?銀行の3大業務

銀行の主な3大業務として取り扱われているのが「預金」「融資」「為替」業務です。


皆さんにとって一番身近なのが「預金業務」で、文字通りお金を銀行口座に預けたり、引き出したりする業務内容となっています。

皆さんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?


預金業務によってお預かりしたお金を、資金を必要とするお客さまへ貸出を行い、これによって銀行として資金の運用を行うのが、「融資業務」です。

企業に対するさまざまな種類の融資(B to B)をはじめ、住宅ローンやマイカーローンなどの個人向け各種ローン(B to C)などがこれに含まれます。


そして最後が「為替業務」です。

この業務はお客さまからの依頼によって他の口座に送金したり、お客さまにかわって小切手や手形の代金を受け取ったり、また国内だけでなく外国へ送金したり、といった仕事内容となっています。


規模によって取引相手が違う!?都市銀行と地方銀行の違いって?

都市銀行の役割


まず都市銀行ですが、東京や大阪に本部・本店を置き、店舗を国内の各地に配置しています。例)三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行


そして、企業や個人のお客さまから預かった資金を、大手上場企業を中心とした法人のお客さまに融資することが、業務の大きな柱となっています。


つまり、お客様は都会の大企業が中心です。


都市銀行の支店は全国にも展開されていますが、大都市以外のある特定のエリアを見た場合、ひとつの店舗がカバーする地域は相当に広くなり、対応できるお客さまの範囲も限られています。

都市銀行である「りそな銀行」が登壇する金融業界セミナーはコチラ!


地方銀行の役割


地方銀行は、それぞれの地方を地元として、そのエリアに店舗を集中的に展開し、地元企業や個人のお客さまに、密な金融サービスを提供しています。


お客さまとのコミュニケーションも密になり、そこから収集され、蓄積される情報の量は膨大なボリュームです。

そして、これを群馬銀行の 各店舗や本部で共有化され、これが企業に対するさまざまな経営支援から個人のお客さまの資産運用のサポートまで、お客さまにあわせた付加価値の高いご提案を可能にしているのです。


◯◯(地名)銀行などが地方銀行に当てはまります。例)滋賀銀行、群馬銀行など


このように、都市銀行か地方銀行かでお客さまが大企業か地方中小企業か、コミュニケーションの密度などが異なります。


都会で大企業相手に規模の大きな仕事がしたい!という人は都市銀行。

田舎で地方に密着した企業を相手に仕事がしたいという人は地方銀行が向いているでしょう。


「AI」は今後の業界を脅かす?気になる今後の業界動向


銀行で働くメリットとして、

①安定した収入が得られる

②お金(金融)全般に関する知識がつく

③給料が高い


上記3点が言われていますが、業界水準でいうとすべての業界全体の平均年収が約420万円のところ、銀行は約620万円と比較的高い水準となっています。

そのため、③の給料が高いは本当であると言えます。


しかし、①安定した収入が得られるというメリットは、今後怪しまれています。


近年の金融業界は「AI」といった、テクノロジーの分野の影響を非常に強く受けているのです。これによって、窓口業務や書類チェックなど、AIに代替される基本的業務は数年後には淘汰されていくことが予測されています。

将来的には、今までヒトの手で行われていた業務がAIにとって替わり、多くの銀行員がリストラされる時代がやってくるでしょう。


一方で、短期的には銀行の大幅な人員削減は無いだろうという意見もあります。


というのも、日本全体の個人金融資産の多くを持っているのは65歳以上の高齢者だからです。


このような人々は、スマホを操り個人資産の運用をするのではなく直接、銀行店舗、相談窓口の行員がお客様の希望を聞いて、いろいろ話し合って決めるわけで、AIなどの機械にはこのような複雑な業務はできません。

特に少子高齢化が進む中で、地方の銀行では依然ヒトの手による業務が必要とされるでしょう。


いずれにせよ、今後の業界動向を注視することが大切ですね。


日本全体約430万社の企業経営を支える?〜銀行で働くやりがいとは?〜


預金業務や為替業務など、ルーティーンワークのイメージの強い銀行ですが、


仕事のやりがいの一つとして挙げられるのが、個人や企業にお金を貸し出す

「融資業務」です。


企業の事業資金やプロジェクトの推進にはまとまった大きな資金が必要です。

その企業が必要とする資金を貸し出す=融資しているのが銀行です。


このことから、銀行は企業の事業資金の収集やプロジェクトの推進に無くてはならない存在で、日本中の企業を支える重要な役割を持っていることが言えます。


銀行によって違う企業理念とビジョン


同じ業界内でも企業理念やカルチャーは様々ですが、これは銀行業界にも当てはまります。


大阪府大阪市に本店を置く都市銀行、株式会社りそな銀行は、地域のお客さまにもっとも支持される「リテールNo.1」の金融サービスグループを目指すという経営計画を元に事業を進めています。


つまり、都市銀行ながら、地域に根ざした地元企業や個人のお客さまに密な金融サービスを提供している銀行であると言えます。


お客さまの信頼に応えます。
変革に挑戦します。
透明な経営に努めます。
地域社会とともに発展します。


上記のりそなグループの経営理念にも記載されている通り、

他の都市銀行やメガバンクと比べより地域に密着した経営をしているという明確な違いがあります。



まとめ


今回紹介した銀行に関する記事はいかがだったでしょうか?


AIの台頭により、将来的に業務が大きく変化することが予測される銀行業界だからこそ、将来的にどのような人材が必要になってくるのか?など密な業界分析が重要です。


また、りそな銀行のように、都市銀行ながら地域に根ざした地元企業や個人のお客さまに密な金融サービスを提供している銀行もあります。


だからこそ、「なんとなく」で業界選びや企業選びをするのではなく、どのような地域のお客さまを相手にし、どのようなビジョンを成し遂げたいのか?など「個人のビジョン」と「企業が持つビジョン」を照らし合わせた就活を進めていきましょう!


Related Column
関連コラム