総合商社だけが商社じゃない!専門商社"の知られざる"魅力とは??業界研究ラボvol.4

みなさんこんにちは!


就活生の方はESや企業研究など、多忙な日々を送られていることと思います。

そこで今回は皆さんの代わりに、少し業界分析をしてみました。


ずばりテーマは 専門商社

総合商社は見ていても、専門商社に目を向けられている方は少ないのではないでしょうか?


実は、総合商社に負けず劣らずの魅力を持った業界です。

では、一体どんな魅力を持った業界なのでしょうか? 専門商社の仕事と魅力、将来性について紹介していきます!


専門商社とは?


専門商社の仕事を説明する前に商社について簡単に説明をします。


商社の事業


商社の事業は大きく分けてトレーディング事業投資に分けられます。


トレーディング事業とは貿易の仲介など円滑に進め、供給者と需要者をつなぐ橋渡しの役割を果たす事業です。商社ごとによって特色を生かした機能を持っており、輸送手段や輸出入の手続きをサポートする物流機能や新市場開拓のための情報提供やマーケティングを行う情報機能が挙げられます。
また、一度に大規模のお金が動くことも多いためダイナミックな仕事ができます。


かつてはほとんどの利益をこのトレーディング事業によって得てきました。しかし、現在ではメーカーが直接需要者と取引を行うケースも増え、この事業だけで収益をあげることが難しくなりました。

そこで企業が取り組み始めたのが、事業投資です。


事業投資はそれまでの仲介のみという業務の枠組みを取り外し、原料調達から流入、アフターケアまでをサポートすることによって投資した企業の価値を高め、商社自身の収益を向上させることを目的としています。具体的には、企業を買収するだけでなく、買収した後の経営や提携が上手くいかなかった後の処理まで行っています。また、自社の社員を事業投資をした企業の社長にするなど、人的資源の投資にも余念がありません。このように事業投資先の業績を上げることに力を惜しまず、物的人的問わず資源を投入することが事業投資です。




いかがでしょうか?商社の大まかな業務内容について理解出来たと思います。

それでは、次に専門商社について説明します。


専門商社とはその名の通り、特定の事業に特化した商社のことです。業務内容は主にトレーディング事業ですが、専門的な知識を活かしたコンサルティングやファイナンスなども行っています。

では、専門商社の魅力とはなんでしょうか?

専門商社の魅力

事業対象についてのミスマッチが少ない


幅広い領域をカバーする総合商社では建設部門で働きたいと考えていても、実際はエネルギー部門に配属されることは十分に考えられます。すでに携わりたい分野があるのならば、専門商社が適していると言えるでしょう。


特定の事業のエキスパートになれる


専門商社では、扱う製品について深い知識が求めれます。大学でその分野について学んだ人にとっては、大きなやりがいを持って仕事に取り組むことができるでしょう。また、知識がない人でも熱意があればOKという採用スタンスの専門商社も少なくなく、入社後に成長しエキスパートになれるという魅力もあります。


扱う製品によって異なった魅力がある


専門商社では扱う製品によって異なった相手と異なった仕事をしなければなりません。例えば、レアメタルや農産物など未加工の製品を扱う場合には発展途上国と取引をすることが多くなり、日本にはない熱量やハングリーさなどを感じられるのは大きな魅力であると言えるでしょう。また、海外との取引が増えるため海外が好きな人にとっては魅力的な環境と言えるかもしれませんね。





代表的な専門商社


ここまで、専門商社の仕事や魅力について説明してきました。

では、専門商社にはどのような企業があるのでしょうか。


化学商社


化学系の専門商社として代表的なのは、皆さんご存知花王の専門商社花王カスタマーマーケティングです。


この商社は花王株式会社および関連会社の製品の販売を業務としています。

このように、特定のメーカーがバックにつきそのメーカーの製品を販売することのみを業務とする専門商社はメーカー系専門商社と呼ばれます。メーカー系専門商社の魅力は販売するものが決まっているため、ビジネスとして安定しているという特徴があります。


繊維商社


繊維商社として長い歴史を築いているのは豊島です。なじみのない商社かもしれませんが、繊維の専門商社として150年以上の歴史があり、原材料である綿花の取引やオリジナルの素材、また製品の開発にも取り組んでいます。このように総合商社の属さない専門商社は独立系専門商社と呼ばれます。特徴としては、単独で事業を行っているため独自の事業やコネクションを持っていることが多く、自由な発想でのびのびと仕事に取り組みたい人に適していると言えるでしょう。


鉄鋼商社


鉄鋼商社として有名なのは世界一の規模を誇るメタルワンです

この商社は双日と三菱商事との合弁企業として設立された専門商社です。

商社としての歴史はまだ浅いですが、親会社の投資を受け近年急成長している注目の商社です。


総合商社の事業投資により、子会社化した商社を総合商社系専門商社と呼びます。
特徴は、大規模な取引が主流となる総合商社では扱えないようなニッチな商品を扱うことで、より専門的な知識が求められることです。また、親会社の社風が色濃く反映されるため、親会社の社風を理解した上で企業を選択することが重要となるでしょう。とはいえ、やはり総合商社をバックにもつだけあってビジネスとしての安定性は抜群だと言えるでしょう。



まとめ


今回の業界研究、専門商社編はいかがだったでしょうか?


就活中は知名度も規模も大きい総合商社に目をむけがちになってしまいますが、専門商社にもキラリと光る魅力を持つ企業がたくさんあります。

自分が就職したい企業が、かならずしも自分に適した企業とは限りません。後悔しない就職をするためにも今一度自分が何を大切にして生きてきたのか、自分が自分らしく働ける企業はどこなのかという視点を持って就職活動を進めていってはいかがでしょうか?

RANKINGランキング

Related Column
関連コラム