総合商社の業務内容とそのやりがい、専門商社との違いとは?業界研究ラボvol.

総合商社。


こう聞いてまずあなたはなにを思い浮かべますか?


かの大企業の名前だったり、世界を股にかけて働くビジネスマンを思い浮かべたりと、様々なイメージを持っているのではないでしょうか?


今回はそんな総合商社で働く魅力、そしてお仕事は具体的にどんなものがあるのか説明します。


そもそも商社とは?


総合商社の説明の前に、そもそも「商社」とはどのような事業を行っているのかを、簡単に説明します。


商社の事業は大きく分けてトレーディング事業投資に分けられます。


トレーディング事業とは貿易の仲介など円滑に進め、供給者と需要者をつなぐ橋渡しの役割を果たす事業です。商社ごとによって特色を生かした機能を持っており、輸送手段や輸出入の手続きをサポートする物流機能や新市場開拓のための情報提供やマーケティングを行う情報機能が挙げられます。

また、一度に大規模のお金が動くことも多いためダイナミックな仕事ができます。


かつてはほとんどの利益をこのトレーディング事業によって得てきました。しかし、現在ではメーカーが直接需要者と取引を行うケースも増え、この事業だけで収益をあげることが難しくなりました。


そこで企業が取り組み始めたのが、事業投資です。


事業投資はそれまでの仲介のみという業務の枠組みを取り外し、原料調達から流入、アフターケアまでをサポートすることによって投資した企業の価値を高め、商社自身の収益を向上させることを目的としています。


具体的には、企業を買収するだけでなく、買収した後の経営や提携が上手くいかなかった後の処理まで行っています。

また、自社の社員を事業投資をした企業の社長にするなど、人的資源の投資にも余念がありません。このように事業投資先の業績を上げることに力を惜しまず、物的人的問わず資源を投入することが事業投資です。


以上が商社の大まかな業務内容です。


専門商社と総合商社の違いは?


専門商社とはその名の通り特定の事業に特化した商社のことです。

業務内容は主にトレーディング事業ですが、専門的な知識を活かしたコンサルティングやファイナンスなども行っています。


総合商社は専門商社やメーカーと違い、特定の商材、特定の地域に縛られることがありません。つまり総合商社で働いていれば、その商材、その地域にビジネスチャンスがあると判断できれば、新しい事業を立ち上げることができます。


つまり二つの違いは、基本的には、扱い品目の違いと言えますね。

扱い品目が特定の分野に偏っているのが専門商社、

扱い品目に制限がなくどんなものでも扱うのが総合商社ということです。


総合商社で働く魅力

「人」を大事にする

総合商社は社員に多様な経験をさせてくれることが多いです。仕事では若手であっても事業計画をじっくり練り込み、ロジックが詰められていると判断されれば、会社によってはその新しい事業として立ち上がることもあります。


研修では海外研修員制度や海外修業生制度があったりと、社員を育てる環境が整っている印象を受けました。


規模の大きいビジネスに携わることができる

インフラや資源など、何兆円という規模のビジネスに携わることができます。

しかしその分、商社のビジネスは計画を完全に詰めておく必要があります。そう、その計画は完璧でなくてはならないのです。自然とかなりの緊張感をもって働くことができそうですね。


ビジネスの幅広さ

専門商社と総合商社の違いでも紹介したとおり総合商社は特定の商材、特定の地域に縛られることがないのでビジネスの幅は広がります。これにより、一つのものがダメでも、他のものでカバーすることができます。


主な総合商社


三菱商事


三菱商事は多角的に事業を展開し、旧財閥系の歴史と強みを活かし、食料や衣料などを扱う生活産業などの安定基盤もある、総合商社の中でもバランスに優れた企業です。


さらに石炭、鉄鉱石、銅、ウランなどの資源権益を世界各地に保有しており、中でも強い分野が石炭です。


三井物産


三井物産は資源・エネルギー分野に強みがあります。しかし資源・エネルギー分野の業績は、資源価格の低下や国際情勢の影響といった社会の影響を受けやすいです。


そこで三井物産は資源以外の事業として、太陽光発電事業などに経営資源を集中し、市況に左右されない経営を目指しております。


伊藤忠商事


近年、伊藤忠商事は資源分野の業績も伸ばしてきておりますが、従来から繊維や食料などの非資源分野は未だ健在です。繊維事業では総合商社の中でもトップの取扱量を誇っており、ブランドビジネスで数多くの成功を収めています。


さらに日本アクセス、伊藤忠食品を子会社に持ち、食料事業では総合商社のなかでもトップクラスの規模になっています。


まとめ


総合商社の社員にはグローバル化に伴い、英語力も求められております。企業によっては英語力に加えて中国語の語学力を求めることもあるそうです。


さらに業界全体的にその仕事はかなりの激務といわれています。しかしその分、若いうちからいろんな仕事ができ、バリバリ働いてスキルや経験を得たい!という人に向いている業界ではないでしょうか?


また、ひとえに総合商社といってもそれぞれ強みの分野があり、社風があります。

自分の価値観と会社の社風が合わないとなれば、それはストレスとなるでしょう。はてはそれが原因で企業をやめることになりかねません。


そんなもったいないことにならないためにも就職活動は焦らずじっくりやりましょう。

もしその際に困ったことがあれば私たちCSParkCareerがお力になります。

どんどん私たちを使い倒してください!学生のうちは遠慮せずに大人をいいように使いましょう!



RANKINGランキング

Related Column
関連コラム