普段は教えてもらえない、”不合格”の理由TOP5を就活エージェントがこっそりお伝えします

「お祈りメール」

多くの就活生が今後受け取ることになるであろう、迷惑メールよりも受け取りたくないメール。

合格をした学生に対しては、電話で連絡してくれるにも関わらず、落ちた学生にはメール一本、時には『サイレントお祈り』と言って、不合格の学生には通知をしないこともあります…


個人的には、合格した学生ではなく、不合格だった子にこそフィードバックを与えてあげてほしい、と思いますが、効率の観点からもそんなことが行われるはずもなく…


だからこそ、就活エージェントである筆者が、不合格の理由を皆さんにお伝えします。


普段は教えてもらえない不合格の理由とは?




不合格の理由、みなさんは聞いたことがありますか?

ベンチャー企業などではたま~に不合格の理由を教えてくれる会社がありますが、ほとんどの会社はお祈りメール一本で、その後の連絡や関係は途絶えてしまいます。


では、不合格の理由とは一体どのようなものがあるのでしょうか?


不合格の理由  TOP5

第5位 コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はすぐには、良くすることはできませんが、意識できる点はいくつかあります。


例えば、過去に担当学生で不合格をもらってきた学生の中に

・口癖で何度も「なんか」と言ってしまう

・目を見て話していない

・面接官が入室した際に着席したまま

・「けど、いや」が口癖で否定の言葉から会話してしまう


などの点で不合格をもらってきた学生がいました。(もちろんこれだけが原因では無いかもしれませんが…)


コミュニケーション能力にはすぐに変えられる点と、変えられない点があります。

変えられない点で不合格をもらってしまうならまだしも、すぐに変えられる点で不合格を頂くのはもったいないですよね。


第4位 思考力



質問に対してずれが生じていることが多いと、不合格になることが多いです。

思考力と言っても様々ですが…
特に多いのは、具体化思考が欠けている場合です。

例えば、

「憧れの人物はイチローです。」

「なぜ、憧れているのですか?」

という質問に対して、


『ここで、イチローに憧れるポイントは3点です。

1.道具への感謝を忘れない

2.常に夢を追い続ける

3.思考を通してから発言している姿

です。』


などのように憧れをしっかりと具体的に話せる学生は思考力が高いと判断され、合格に一歩近づきます。


ここで、なんとなくかっこいいからです!

などと答えてしまうと、思考力の低い学生として合格が遠ざかってしまいます。


第3位 業界研究不足

人材紹介と人材派遣の違いは?

IT広告業界、広告業界の違いは?

その会社が扱っている商品名は?


などの基本情報が抜けていると、面接官側からは

「志望度の低い学生」として捉えられてしまいます。


そのため会社、業界の基本情報は必ず抑えておくようにしてください。


第2位 素直、従順さがない

どんなに高い能力を持っていても、素直、従順さが足りないのは日本の新卒採用においては不利に働きます。


未だ多くの企業が、ピラミッド型の組織、年功序列制度を採用しており、上から下への指示が通りにくかったり、素直に聞いてくれない後輩というのは一緒に働きたいという判断に至らないことが多いようです。


第1位 自己分析不足



不合格の理由として最も多いのが”自己分析不足”です。


業界研究や、志望理由以前に、自分自身が何をしたいのかが明確になっていない、また会社選びの軸を明確に答えていても、その根拠が浅い。などの理由で不合格となる学生が多いです。


例えば

「お菓子が好きだからお菓子メーカーに入りたいんです。」

という志望理由はどうでしょうか?


一見すると、筋が通っていそうに見えますが、少し考えてみると、ん、どうして?という部分が多くあります。


お菓子が好きなこととお菓子を作ることはまったくもって別の話です。


これが、

①人を幸せにできる仕事がしたい。

②お菓子を食べた時に幸せを感じる

③自分だけでなくもっと多くの人に幸せを感じてほしい

④だからお菓子業界で働きたい


のように論理建てて説明ができれいれば素晴らしいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私自身が多くの学生と接している中で合格、不合格は自分自身の努力次第で変えられるものが多い(全てではないですが)と感じています。
だからこそ、今、みなさんが就活への取り組み方を変えると、きっと結果も変わってきます。


情報解禁をした今、就活だけじゃなく、部活も忙しいとは思いますが、一緒に並走していきましょう!

RANKINGランキング

Related Column
関連コラム