やらなきゃ損!OBOG訪問の必要性・重要性

1.OBOG訪問って何?なぜ必要なのか?

1-1.OBOG訪問って何?


一言でいうと、大学のOBOGにアポイントを取り、

働いている企業について、仕事内容について、個別に質問できるという機会のことです。

説明会の場は限られているので、企業研究をする場合にとても有意義な機会になります。


1-2.なぜ必要なのか?


大きく分けて2つの理由があります。


まず1つは、「仕事の実情」を把握しておく必要があるからです。

OBOG訪問しなくても、説明会や企業のHPを見れば情報は集まるのではないか?

「仕事の実情を把握する」と聞いて、そのように感じませんでしたか?


確かに、説明会での人事担当の話や、企業側が用意したHPからはその企業がアピールしたい情報を得ることができます。

そういった意味では、説明会に参加すること、企業HPを確認することも大事な就職活動の1つと言えますし、大事なことです。


ただし、そこで注意しなければいけないのは、その情報はあくまで“企業側が伝えたい情報”であって、

「仕事の実情」が全て語られているわけではないということです。

悪くいってしまうと、企業にとって“言いたくない情報”が伏せられているということにもなります。

そのような情報のみで、自分に合っているか合っていないかと判断してしまうと、

入社後のギャップが大きくなる要因や、イメージしていた社会人生活とはかけ離れてしまう要因となってしまいます。


そこで、より“企業の内側”を知るための手段として、OBOG訪問があります。

実際にその企業の現場で働いている社員から得られる情報は、説明会を行う人事部門の人では知ることのできない情報で、あなたがその企業で働くことをイメージする上でとても重要になります。


現場の社員がどのようなモチベーションで仕事をしているのか。

キャリアプランをどのように考えているのか。

どのようなことにやりがいを感じているのか。

などを把握できれば、具体的に自分自身の働く姿をイメージしやすくなるはずです。

より具体的・鮮明なイメージを持つためにもOBOG訪問をすることをおススメします。


2つ目は、選考に影響を与える場合もあるということです。

全ての企業がそうであるわけではないですが、

一部の企業は「OBOG訪問を何人にしたか」ということを選考上のプラスポイントとしています。

総合商社の中にはこのような制度を、用いていることもあるようです。


また、「OBOG訪問をした社員」がその学生に好印象を持った場合、

人事にそのことを伝えてくれ、それがプラスポイントとなる場合もあります。


いわゆる「ES」や「面接」などの選考活動以外でも自分をアピールできる場があるという意味では、

やらなきゃ損になるといえるでしょう。


2.OBOG訪問はいつから始めればいいのか?


では実際にはいつごろから始めればいいのでしょうか?


一般的には3年生の2、3月から、選考が始まる5、6月までに行うべきと言われています。

しかし、それでは思うようにアポイントを取ることができないかもしれません。


というのも、多くの企業にとって2,3月というのは「決算期」にあたり、1年の中でも忙しい時期に当たるからです。

OBOGにとって、「OBOG訪問」とは業務外のこと、本来ならばしなくてもよいことにあたります。

本業の仕事が忙しい時期に、

業務外のことで時間がとられることは、歓迎されることではありません。

後回しにされてもしょうがなく、

その結果、アポイントがとれないまま選考が始まってしまうということも多々あります。


そうならないためにも、2,3月の忙しくない時期、具体的に言えば、年内の12月には始めるようにしましょう。

夏のインターンを終え、自分なりに企業の研究をした上で、OBOG訪問を行うのがよいでしょう。

比較的忙しくない時期であれば、アポイントはとりやすいはずです。


3.実際にOBOG訪問を行う方法


主な方法は3つです。


1つ目が、大学のキャリアセンターに問い合わせること。

大学のキャリアセンターには、卒業生がどの企業に進んでいるか、その連絡先をリスト化したものが用意してあります。そのリストを活用して、OBOGに連絡をとり、アポイントをとることができます。


2つ目が、部活動のOBOGを訪ねる方法です。

所属している部活の顧問の先生や先輩部員にOBOGを紹介してもらい、アポイントを取る方法と言えます。これは体育会に所属している学生ならではの特典といえるでしょう。また、年次が近く面識のあるOBOGであれば、なかなか聞きづらいことも聞くことができるようになります。


3つ目が、OBOG訪問用のアプリを活用する方法です。

最近はスマートフォンでも使えるアプリがいくつもあります。

大学ごとにOBOGが登録されていて、自分も登録すればそのOBOGとアポイントができるようになるというものです。

面識がなくとも、第三者を通さず、OBOGとアポイントが取れるという意味では

時間のロスを無くせるので、時間の限られている体育会学生には有効かもしれません。


4.まとめ


以上が就職活動において、OBOG訪問をするべき理由となります。

実際の現場社員の話を聞くことができる機会は、必ずあなたのプラスになります。

「やっておけばよかった…」と後悔しないよう、積極的にアポイントを取れるよう、活動していきましょう!

PICK UPピックアップ

RANKINGランキング

2時間/回の個人面談はCSParkCareerだけ!

Related Column
関連コラム