‐体育会学生に読んでほしい‐何のための就活!?「ミスマッチ」を防ぎ、自分が「幸せ」になるために…

1.体育会学生にも避けられないイベント「就職活動」


学生にとって避けることができないイベント「就職活動(就活)」。

もちろん、体育会学生にとっても就活は避けられません。

卒業後、”社会人として”生活していく上で必要になる「お金」を稼ぐためには、

労働(仕事)をしなければいけませんよね?

その労働(仕事)を「どこで?」「何を?」するかをこの「就活」によって決めるのです。


「そんなことは言われなくてもわかっている。」

そんな声が聞こえてきそうなのですが、では質問です。

あなたは「何のために就活」をしますか?


2.何のための「就活?」


この質問に対する明確な答えがないまま就活を進めてしまうのはおススメしません。

「大学3年生になり、周りのみんなが始めているから“なんとなく”自分も始めた。」

「親や近くにいる大人が言ってくるから仕方なく始めた。」

様々あるかと思いますが、このような人ははっきり言って、就活に失敗しやすくなります。


もちろん、最初に入社する企業で定年退職するまで働かなければいけないなんて決まりはありません。

実際に転職をしている人も多くいます。

ですが、「新卒入社」という立場は人生で1回きりのことです。どうせ入るなら、“失敗”はしたくないですよね?


本記事では、人生において幸せになれる企業で働くことを成功とし、内定獲得だけを目的とした就活を失敗と定義します。



3.こんなにもいる「ミスマッチ」


厚生労働省が発表している調査データに以下のようなものがあります。

体育会学生 就活動向 厚労省発表データ

体育会学生 就活動向 厚労省発表データ

(出典:厚生労働省 「新規学卒者離職状況(平成25年3月卒業者の状況)」、平成28年10月25日 より抜粋)


近年の「企業の人材不足」の状況も相まって、就職率は100%に近い水準に上がってきています。

選ばなければ、どこかの企業には就職できる世の中になってきているとも言えます。

ですが、3年以内の離職率は約3割で推移しています。

また、離職者の内訳でいうと、1年目、2年目で離職する人が半数以上を占めています。


また次のようなデータもあります。

体育会学生 就活動向 労働政策研究・研修機構発表データ

(出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者のキャリアと企業による雇用管理の現状」  より抜粋)


3年以内に離職した理由で上位3つを占めるのが、

「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」

「人間関係がよくなかった」

「仕事が自分に合わない」

です。いわゆる企業と自分が合っていない”ミスマッチ”が起こっている状態と言えます。


つまり何が言いたいかというと、

「選ばないでも就職はできるが、結果として“ミスマッチ”が起こり、3年以内に離職してしまう」人がこんなにも多い!

ということです。         


せっかく就活したのに、しっかりと企業を選ばなかったがために、入社してもすぐに辞めてしまう。

これほどもったいないことはないですし、こうなってしまうと自分の人生が「幸せ」になりづらいのは想像できますよね?


4.「ミスマッチ」をしないために


ここまで読んでいただけたら、「ミスマッチ」はしたくないと感じていますよね?

それでは、ここから「ミスマッチ」しないためにどうするかをお伝えします。


答えは1つです。

「自己分析」と「企業分析」を徹底的に行うこと。


「自己分析」とは

これまでの自分が行ってきたことを振り返り、

自分が何に対して「価値(楽しい、やりがい、幸せ)」を感じるかを、言語化することです。

これをすることで、自分でも知らなかった「価値観」に気付くことができます。

そして、その「価値観」に基づいて生活をしていくことで「人生が幸せ」と言えるようになるのです。


「企業分析」とは

何をしている企業か?人数は?場所は?といった基本的な内容から、

実際の業務内容は?現場社員はどんな人たち?自分に合うかどうか?など、

自分が働いたときのことまで調べ、

自分の「価値観」とあっているかを判断することです。


この「自己分析」と「企業分析」を徹底的に行うことで、

必ず「入りたい企業」が見つかり、その企業から内定を勝ち取るために必要なことがわかってくるのです。


「入りたい企業」に入社することができれば、自分の「幸せ」に繋がりやすくなるはずです。

また仮に、第1志望の企業に入れなくとも、自分の「価値観」にそって選んだ企業であれば、「ミスマッチ」は起こりにくいはずです。


5.まとめ


「何のために就活する」かについてはご理解いただけたでしょうか!?

「なんとなく」行う就活は高確率で自分と企業との「ミスマッチ」を引き起こし、

その結果、自分の「幸せ」に結びづらくなります。


1度きりしかない人生ですので、「幸せ」に結びつくよう、頑張ってください!


とはいえ、自己分析のやり方、企業分析のやり方など、

詳しくわからず不安に感じた人もいるかと思います。

そのような人は、ぜひ、我々就活アドバイザーに相談してみてください。

自己分析の基礎から、企業のマッチングまでのお手伝いをさせていただきます!!


アドバイザーに就活相談【無料】

RANKINGランキング

Related Column
関連コラム