CSParkCareerアドバイザー紹介 -中島幸司-

‐プロフィール‐


青山学院大学卒。

大学スポーツチャンネルでの3年間のインターンシップを経て、CSPark Careerを事業化。

専門領域はキャリアとマネジメント。

学生面談だけではなく、様々な講師活動も行う。


‐就活経験‐


一度は決まった道を180度転換


中学生時代に思い描いた将来の夢は、

「一流企業で働くエリートサラリーマン」でした。

その夢を実現すべく就活も頑張り、商社・広告業界、コンサル業界、IT業界のそれぞれ選考を受けていました。

しかしその夢に対して疑問を持つようになり、全て進んでいた選考を辞退することにしました。


一流企業で働くのではなく、就活生のサポートがしたいと思い、

インターンシップとして参加していた大学スポーツチャンネルでCSPark Careerの事業化を決意しました!


‐就活において後悔していること‐


社会人との出会いと言語化。


2つほど後悔していることがあります。


1つ目は「社会人との出会い」です。

自分が考えているより社会は広かったと就活後に感じました。

そして、もっといろんな社会人に会い、社会人の考えに触れ合いたかったです。


何を聞けばいいかわからず、積極的に行えなかったOBOG訪問は

行ってみたら意外とシンプルで、訪問したOBOGの価値観を聞けばいいだけでした。

「もっと早くからOBOG訪問を行えばよかった」。

そうすることで、自分の価値観に気付くのがもっと早くなったと後悔しています。


そして、もう1つは「言語化」。

自己分析をしたつもりであったけど、自分のことを言葉にして表現することはできていませんでした。

今になって思うのですが、言語化することで自分のことをより理解できるようになります。

そして、人に自分のことを説明するときに、

相手にわかりやすい言葉で伝える習慣を持つべきだったと後悔しています。

そうしたら企業の人も、もっと自分を理解してくれたのではないかと感じています。


‐アドバイザーになった理由‐



「就活って楽しい」っていうのをもっと知ってもらいたい。


「やらなきゃいけないもの」という“ネガティブな”認識で相手に合わせた就活をやってしまうと、

“ネガティブな”まま進んでしまい、“満足のいく”結果(内定)を取ることができないと考えています。

そうなると、就活って楽しくなくなってしまいます。


体育会学生が部活を続けているのは、

「日本一になりたい」とか「試合で勝ちたい」という目標があるからだと思います。

その目標を達成するために自ら考えて、自ら行動して、

それが結果につながるようになると楽しくなってくるはずです。


就活もそれと全く同じだと考えています。

「自分らしさ」ってなんだろう、「自分のやりたい事」ってなんだろうということを自ら考えて、1つ1つ言葉にする。

そうすることで「第1志望」という目標ができて、さらに目標達成のために頑張れる。

そうしたら、就活もだんだん楽しくなってくるはず。

その「楽しくなってくる」プロセスを支えてあげたい。そして目標を達成させてあげたい。

そのような想いからアドバイザーとして活動しています。


‐学生に伝えたいこと‐


就活は合わせるのではなく、自己主張をすること。


「とりあえず内定」がゴールであれば自分を偽り、企業に合わせ、

企業に好かれるような言葉を並べればいいと思います。

体育会学生は適応力があるからこそ、そんなプロセスでも「内定」は取れてしまいます。


だが、本当にそれでいいのでしょうか?


「企業」に入ることが、自分の人生の幸せにつながるわけではありません。

自分がどんな生き方をしたいかを考え、その生き方を実現するために

「企業を選ぶ」ことで人生が幸せになるかが決まります。


幸せになるために、就活では、自分の大事な価値観を認知してほしいし、

言葉にしてほしい。そして、主張してほしい。

その言葉は自分の価値観が詰まっているからこそ、どんな言葉よりも強い武器になり

自分の幸せにつながる「内定」を勝ち取ることができるはずです。


まずは、面談をしましょう!


アドバイザーに就活相談【無料】

RANKINGランキング

2時間/回の個人面談はCSParkCareerだけ!

Related Column
関連コラム