CSParkCareerアドバイザー紹介‐峯 達也‐

‐プロフィール‐


慶應義塾大学体育会サッカー部卒。

新卒で東京海上日動に勤めた後に、CSParkCareerにジョイン。

『とっつきやすい保険屋』として、活躍しながら名門高校サッカー部コーチを兼任するなど

様々な分野で活躍するパラレルワーカー。


‐就活経験‐


特段、モチベーションが高いわけではなかった。


3年生までは、企業に就職するよりもプロサッカー選手になることを目標としていました。

ただ、プロになれた後の自分のキャリアに対して、

明確なイメージが持てなかったため、その目標を断念せざるを得ませんでした。


その後に就活にシフトしていくことになるのですが、

きっかけがこんな形だったからこそ、モチベーションが高いわけでもありませんでした。


「やりたくなかった」というわけではなく、なんとなく「やるものだ」と考えていました。


「サッカーよりも楽しいことなんてない」と考えていたので、

やりがい感じることや価値観に合うかどうかというよりも、

サッカーができて、給料もよく、東京で働けるという、

“条件”優先で企業を探していました。


このような考えのもと就活をしていた私ですが、

無事、第1志望のから東京海上日動から内定をもらうことができました。

ただ就職活動期間を通して、保険という業界そのものに対しては興味はなかったです。


‐就活において、後悔していること‐


もっとしっかりと考えるべき。


自分の就活に関しての後悔は全くありません。


ただそれは、

“たまたま”第1志望の企業に内定をもらえて、

“たまたま”入社後に保険に対して興味が持てて、

“たまたま”転職先の今の社長に出会えたからだと思います。


今になって思うことは、

この“たまたま”が全くなかったとしたら、自分はどうなっていたのだろうということです。

そのことを考えると少しゾッとします。


だからこそ、これから就活を始める体育会学生には

自身の反省を踏まえてもっと真剣に考えてほしいと感じます。


自分の価値観は何か?

その価値観に合う仕事は何か?

ではその企業はどこなのか?


体育会という社会との接点が薄い環境の中で、

就職活動期間という短い期間の中で、

100%の正解を見つけることは難しいと思います。
ですが、“考える”ことで100%に近づけることはできると思います。


‐アドバイザーになった理由‐


学生に方向性を示し目標を見つけて、目標を達成するためのサポートをしたい。


「自分のありたい姿を考えてから、企業を探していく」

というCSParkCareerの考えに共感したということがきっかけでアドバイザーを始めました。


アドバイザーになって思うことは、

「何かやりたい」というエネルギーはあるけど、

どうしたらいいのかわからない体育会学生がやはり多いということです。


面談を通してその悩みを聞き、目標を設定し、

様々な方向性を提示してあげたいと考えています。


人は達成したい目標が設定できれば、真剣に努力できると考えます。
ただ、1人ではそれが上手くいかない時があります。

そういう時に、就活や転職を通して感じたことや

考えたことを就活生に還元することで、

アドバイザーとしての自分の役割があると考えています。


‐学生に伝えたい事‐


競技と同じ熱量をかけられる仕事は必ずある。



何がしたいかわからない。

競技より面白いことはない。

なんとなく就活をしている。


私も当時はそう考えていました。

そう考えている学生もいるはずです。

ですが私はいま、仕事に対して部活と同じかそれ以上の熱量で仕事に臨めています。

何故なら、仕事を通して日々ありたい姿や目標に近づけている実感があるからです。


誰にでも、部活と同じ熱量をかけられる仕事が必ずあるはずです。

その仕事を、これから就活を始める体育会学生に見つけてほしいです。


ただ、それでも何をすればよいかわからなければ、ぜひ面談しましょう!

全力でサポートをします!!


アドバイザーに就活相談【無料】

RANKINGランキング

2時間/回の個人面談はCSParkCareerだけ!

Related Column
関連コラム