2020卒の先輩に聞く!体育会学生就活体験談~筑波大学 上里春奈さん~

筑波大学ハンドボール部 上里さんにインタビュー!

推薦ではなく、一般入部から強豪チームの

レギュラーになった上里さん。

そんな上里さんは就活で何を感じたんでしょうか?


プロフィール


筑波大学ハンドボール部 上里春奈さん

大手IT企業 内定


就活開始時期&何から始めたか、何きっかけで始めたか


始めたきっかけは、部活の先輩からアドバイザーを紹介してもらったことです。

何もわからなかった状態だったのですが、

まずはCSParkのセミナーに参加しました。

時期は3年生の6月からだったと思います。


最初は、就活サイトを見ているだけではありましたが、

インターンの登録をしました。

ただ、部活が忙しい時期だったこともあって、

1社のインターンに参加しただけです。


それ以外のことは、まず「自己分析」を

9月末からアドバイザーと一緒に始めました。

自己分析とは自分の今まで人生を振り返ること、

自分の未来を考えることが自己分析だと思います。

価値観や大事にしてきたことを考え直すことで見えてくるものがありました。


自己分析を行ったことで、

私は「成長」ということを大事にしていることを

再認識することができました。


それはスポーツの経験があったからこそだと思います。

小・中・高・大と目標は変わっていきましたが、

常に「目標を達成すること」を目指していたと思います。

そしてそのために、

どう「成長」すべきなのかを常に考えていたことが

自分の中での一番大事なことだと気づくことができました。


自己分析をしたからこそ、

「成長」という軸が見つかったのだと思います。


志望業界とその理由、内定企業に決めた理由


志望業界はその価値観、自分の軸を基に探しました。


自分が「成長」できると感じる業界・企業を探し、

より自分がそれができる環境が整っている業界・企業に興味を持ちました


内定をいただけた企業では

主にBtoBの営業がメインの業務なのですが、

その営業先も、営業のアプローチ方法も

すべて自分で考え、工夫して行うことができ、

営業として”ゴリゴリに”数字を

追い求めることができるので、

この企業を志望しました。


たのしかった&つらかったこと

体育会学生 筑波大 上里さん



楽しかったことの方が多いです。


日常生活では考えることはなかったようなことも、

就活があったからこそ考えることができたと感じています。

社会に対する考察や、自分に対する考察が

どんどん深まっていくことが楽しかったです。


つらかったことは、

時間をかけて頑張って書いたESが落ちたことです。

あとは、都内までの移動も大変でした(笑)


部活との両立について


就活を理由に部活を休むこともあり、

それでよかったのかどうなのかという疑問は残っています。


部活を休むという意味では、

よくはなかったのかと思うのですが、

そうしなければ、得られなかった経験があった

といことも事実です。

今でも何が正解なのかはわかっていません。


最終的には、スケジュール管理もしっかりできて、

両立できたと思います。


CSParkCareerを知ったきっかけ&利用してみて


知ったきっかけは

部活の先輩に紹介してもらったことです。


利用し続けた理由としては、

とても親身になって相談に乗ってくれたことです。

私1人にかけてくれる時間も密度もとても充実していると感じました

どんな些細なことでも相談しやすかったです。


最初に、面談で直接会うことができたので、

顔を知ることができ、頼りやすかった

ということもポイントだと思います。


体育会学生の後輩へおすすめ


体育会学生であることを前提とした

就活スケジュールを組んでくれることが

かなりありがたかったです。

そして、一番親身になってくれるのはCSParkCareerだと思います。


何もわからない状態でも、

親身になって相談に乗ってくれるので、

まずは面談してみることをおすすめします。



アドバイザーに就活相談【無料】


LINEでサクッと相談!


PICK UPピックアップ

RANKINGランキング

2時間/回の個人面談はCSParkCareerだけ!

Related Column
関連コラム

就活のお悩みをチャットボットに相談!