2020卒の先輩に聞く!体育会学生就活体験談〜武蔵大学 武原雪乃さん〜

武蔵大学 武原さんにインタビュー!

CSParkCareerで面談をすることから就活を始めた武原さん。

その結果、就活においてどのように考えるようになったのでしょうか!?


プロフィール


武蔵大学 男子ラクロス部 武原雪乃さん

株式会社オプト 内定


就活開始時期&何から始めたか、何きっかけで始めたか


本格的には3年生の12月から就活を始めました。

きっかけは、部活の活動の一環で

CSParkCareerをその時期に知る機会があり、

その際に、就活に関しての危機感や焦りを感じたことです。


何から始めるべきなのか全くわからない状態だったので、

CSParkCareerの「面談シート」を基に、「自己分析」から始めました

それがとても参考になり、利用してよかったと感じています。


私の考える自己分析とは、

自分が知らなかった自分を知ることだと思います。

自分を客観視することで、強みや弱みに気づき、

これからどのような人間になりたいかを知ることができました。


自己分析をすることで、

自分の軸を持ち、自分のことが語れる人間になりたい。

と思うようになりました。

将来を見据えて、何を目標として、

目標の達成のために自分は何ができて、

自分がどうなりたいかという「ビジョン」を

具体的に持つことができるようになりました。


志望業界とその理由、内定企業に決めた理由


「ビジョンを持つことができる」を軸に

企業探しをしていました。

志望業界は特にこだわりはなかったのですが、

進めていくうちになんとなく広告、IT、人材にひかれていったと思います。


オプトに決めたのは、自分にはない考えを与えてくれる人が多かったからです。

選考を通して社員の方とお会いする中で、

本質をついた気づきを与えてくれました。

その社員の方の考え方は仕事においてもそうなのかなと感じました。

自分も同じ考え方を身に着けたい。

そして人に“気づき”を与えるようになりたい。

オプトに就職すればそれが達成できると考えています。


たのしかった&つらかったこと


体育会学生 武蔵大 武原さん


「たのしい」という感覚とは違うかもしれないですが、

自分の考えを言語化することが面白かったです

就活を進めていくと、自分の考えを言語化する機会が多くなるのですが、

言語化してアウトプットすると、自分の考えはこんな言葉になるのか、

と気づくことができました。

さらに自分を知ることができて、

自分と向き合うきっかけとなりました。


つらかったことはなかったです。

ただ、SPI対策をしていなかったことを後悔しています

そのために、選考を落ちてしまった企業もあったので。

あとは、今でも知らない業界があることです。

興味があった業界しか見ていなかったので、

それ以外にどのような業界があるのかを知りません。

その点でも少し後悔をしています。


部活との両立について


部活と就活とのバランスをとるのが難しかったです。

それは、自分の部活での役割を後輩に任せることができなかったからだと思います。

責任感を強く持ちすぎたために、後輩にお願いすることができた仕事も自分でやってしまい

その結果、自分で自分の首を絞めてしまいました。


CSParkCareerを知ったきっかけ&利用してみてどうだったか


知ったきっかけは、部活の活動の一環で

CSParkCareerと一緒になる機会があったことです。

これだけ、親身になってくれ、本音で話せる環境を

作ってくれたのはCSParkCareerだけでした。

だからこそ利用し続けました。


悩みを持って面談に来ても、考えの整理をしてくれるので、必ず悩みが解決しました。

来るたびに前向きに、ポジティブになれたと思います。

学生に対しても、1対1で丁寧に対応してくれる

それがとてもありがたかったです。


体育会学生の後輩へおすすめ


就活に対して迷っているのであれば、

面談に来るべきだと思います。

ここにきても絶対に損はないです

就活のことについてはもちろんですが、

それ以外でも部活にも還元できることを学べます。


何も知らなくてもしっかりと対応してくれるので、

軽い感じでも構わないと思います。まずは面談に行きましょう!


アドバイザーに就活相談【無料】


LINEでサクッと相談!

RANKINGランキング

Related Column
関連コラム