法政大学アメフト部児玉くん~20卒就活体験談~

法政大学アメリカンフットボール部児玉くんにインタビュー!

4年生のタイミングで「就活留年」をすることを決めた児玉くん。

普通とは少し異なる就活を行ったのにはどのような考えがあったのでしょうか!?


プロフィール


法政大学法学部 アメリカンフットボール部 児玉知樹くん

半導体機械メーカー内定


就活開始時期&何から始めたか、何きっかけで始めたか


そもそも「就活留年」をしたため、普通の人よりも長い期間かけて就職活動を行いました


就活1年目は、部活の練習・試合等を優先しており、企業説明会やESの作成などのいわゆる就職活動は必要最小限に抑えて行っていました。当時は、アメフト関連企業やメーカーを志望していていましたが、部活優先の影響もあってか、思うように結果を出すことができませんでした。4年生6月のタイミングで、この上手くいっていない状態で就活を続けるのか、部活をしっかりやり切ってから改めて就活をやり直すか考え、その結果、「就活留年」をすることを決意しました


就活2年目は、4年生12月に部活を引退してから本格的に就活を再開。1年目のときに疎かにしていた説明会への参加や、冬期インターンにも参加しました。とにかく、「行動する」ことを意識していたと思います。そして、ありがたいことに3月末には内定を頂けた企業もありました。ただ、その時点では就活をやめませんでした。それは志望業界ではなかったということもあるのですが、せっかく人よりも時間をかけて就活をしていたので、より自分に合った企業を選びたいと考えていたからです。


最終的には、半導体メーカーから内定を頂けたので、そこに就職しようと考えています。

たのしかった&つらかったこと

Related Column
関連コラム

模擬WEB面接