就職活動がうまくいっていない人の3つの共通点とは?

みなさん、こんにちは。


納得して就職活動を終えている人もいれば、内定先に納得いかず継続している人や面接まで行ったとしても内定まで繋がらずに悩んでいる人もいるでしょう。


就職活動に時間を割いてるのになんで内定"0"の学生が出てしまうのでしょうか?
今回は就職活動がうまくいっていない人に共通する事をいくつか纏めてみましたので、今後のご参考にしてみて下さい。


①知っている名前の大手企業ばかりとりあえず受けている

業界も業務内容も異なっており、唯一共通しているのが大手企業や名前の聞いたことのある企業だけを受けているという学生。
もちろん大手企業を受けることは悪いことではございません。
ただし「とりあえず」知っている名前のところを受けておくという考え方では自分自身と結びつけることはできません。入ってから後悔しないようにご自身と向き合いながら企業選びをしていって下さい。


②マイナスにばかり考えてしまう

本命の企業に落ちてしまったことや続けて面接がうまくいかない事が続くと気持ちが滅入ってしまう気持ちは分かります。
但しマイナスにばかり考えてしまうと自信の無さにも繋がります。
自信の無さは表情や身だしなみにも繋がります。
その結果がすべて面接の場に現れてしまいます。

うまくいかないのにはうまくいかない理由が必ずあります。
マイナスに考えるのではなく、なぜうまくいかなかったのかをきちんと整理して考えるポジティブさをもちましょう。


③自己分析(自己理解)ができていない

ご自身の中ではしっかりできていると認識して自己完結させてしまうと、場合によっては合わない企業を何社も受けてしまうことにも繋がります。
そもそも自己分析でみるポイントが違っているケースもあります。
親やご友人、OBOG等周りにいる人に是非頼ってみて下さい。自己完結するのではなく、他者にも意見を聞くことで違った気付きや新しい発見にも繋がります。

周りの友人が就職活動を終えてくると、自分だけがうまくいっていないような気持ちになってしまい焦る気持ちが出てしまうかと思いますが、焦って就職活動をしてもうまくはいかないです。仮に内定を得て就職したとしても就職後にミスマッチが起こり、入社後に苦戦してしまう恐れが多いにあります。

まだ秋採用やこの時期でも随時応募している企業はあります。
色々試してみたけどやっぱりうまくいかない、面接になるとうまく話ができない等の悩みがでてしまった時はLINE上、電話、面談形式等必要に応じてご相談にのりますので是非気軽にご相談下さい。

Related Column
関連コラム

19卒体育会限定夏採用企業紹介