3年生10月。この時期に体育会学生ができる就活とは?

『体育会学生は就活が強い』

『体育会学生は入社してからも活躍している』


そんな言葉を聞いたことがありませんか?

みなさん一度は耳にしたことがあるかと思います。

世の中的にも評価が高い、体育会学生。

しかし、実は体育会学生”だからこそ”不利なこともあるみたいです。


Q.部活に入って就活に不利だと思ったことはなんですか?

(体育会学生就職活動調査(2018年6月調査) より抜粋)




3位 就活を始めるのが遅くなってしまった(40.0%)


多いところだと週7日というハードスケジュールで練習をしているとなかなか就活に手を回すことが出来ません。

部活、学業、恋愛、バイト…

そんな多忙な生活の中に新たに『就活』という一大行事を早い時期に入れ込むのは大変ですよね。

その結果、体育会学生の多くは3年生の12月頃に就活を始める方が多いようですね。



2位 体力的にしんどかった(43.8%)


これはもう言わずもがなですね。

3年生と言えば、多くの部活で最高学年を迎え、部活の執行代となります。

学業も忙しくなるこの時期に就活も同時並行でやるとなれば体力的にもとてもしんどいですよね。



1位 インターンシップに参加出来なかった(46.3%)


就活に不利だと思ったこと第一位はインターンシップに参加できなかったことだそうです。

2,3位でもお伝えしましたが、時間的余裕を作ることが難しいため、3days、5daysのインターンシップに参加することは非常に困難となり、

未知の業界を知る、他学生のレベルを知る、社員の方との関係性を作る等を行うことの出来るインターンシップに参加できないというのは就活において非常に不利であると感じている学生が多いようです。


では、以上の先輩たちの声を踏まえて3年生の10月という時期に体育会学生が就活に対して取り組むべきこととは一体なになのでしょうか?


3年生10月から始める就活とは?

自己分析


これに尽きます。これから合同説明会等に参加して様々な企業の情報を仕入れると同時に、自分の行きたい企業、自分にあった企業、活躍できそうな企業などを探していきます。

ですが、それらを見つけるためにはまず、自分自身が”何者”であるかを知らなければ、そもそも自分にあっているのかどうかが全くわからないという状態になってしまいます。



例えば、大手自動車メーカーのトヨタは、時価総額が日本一高く、一般的には優良企業とされています。

車が大好きで、大手志望の学生にしてみればトヨタは理想の企業かもしれません。

ですが、ベンチャー志望でプログラミングなどを行うIT企業を志望している学生からすると特に目に留まるような企業ではないはずです。


このようにまずは自分自身が就活において大事にしたい選択軸(一般的に言われている"就活軸")を暫定で決定することが重要となってきます。

では、どのようにして就活軸というものを決めればいいのでしょうか??


就活軸の決め方


部活の先輩たちから就活軸という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。

就活軸とは、「就職先を選ぶ際の自分の判断基準」のことです。

例えば筆者の場合は就活軸を


①涙を流すことができるくらい本気になれる仕事

②少ない人数で構わないので、目の前の人を幸せにできる仕事

③ありがとうと言ってもらえる仕事


のようにざっくりと決めていました。

筆者の場合は過去の経験の中で

ⅰ.一番モチベーション高く頑張れた時

ⅱ.幸せに感じる瞬間

ⅲ.辛かったけど、楽しいと思えた瞬間


などを複合的に考えて自分自身の軸を作り出しました。

と、ここまで読んでいただいた皆さんは自分一人で就活軸を作れそうなイメージはありますでしょうか?

これを暫定で決めることはできても、就職活動の最も根幹、重要となる就活軸を、より精緻なものとして作り上げるためには最後まで一人でやり抜くことは非常に困難です。

筆者の場合は父親や就活エージェントを頼りに頼って、より正確な判断ができる軸を作り上げていきました。


おすすめの自己分析方法

①絶対内定2020



「絶対内定2020」という本をご存知ですか?

550ページほどの非常に分厚い本で、この本を2,3周すればある程度の自己分析が完成すると言われています。

ですが、実は550ページと言えども中身は普通の読書本とは違い、自分の過去の棚卸しが出来るワークシートで構成されています。

これをやりきるにはかなりの時間と労力が必要になりますが、これをやりきった暁には自己分析だけにとどまらずかなりの就活力がついているに違いありません。

※本が分厚すぎて実際に最後までやりきる学生は購入者のうち"3%"と言われていますが…


就活が本格化してからこの本に取り組んでみても、時間が取れずに結局中途半端に終ってしまうので3年生のこの時期に少し就活をかじってみたいなという方には是非おすすめの一冊です。


②就活エージェント



就活エージェントとは専任のキャリアアドバイザーが就職活動のはじめから終わりまでをサポートするサービスです。

右も左もわからない就職活動のプロとして、今取り組むべきことを教えてれたり、自己分析や業界分析を一緒に行ってくれます。

特に就活においての方向性が見えていない就活前半の時期での利用はおすすめです。

弊社にも就活エージェントがいますのでご興味のある方はどうぞ。



③部員同士の他己分析

他己分析とは、他人があなたの性格や長所・短所などを客観的に分析することです。

ぜひ一度部活の友人に自分の強みや弱みはなんだと思うか?という質問をしてみてください。
他人だからこそ見える自分の特徴を教えてくれるので面白いですよ。

他己分析を行う際には自分と仲が良い友人だけでなく、様々な方からアドバイスをもらうといいかも知れませんね。


体育会就活生はもっとできる

体育会就活生は世の中的にも評価が高く、第一志望の企業から内定を獲得してくる学生も多くいます。

ですが、個人的には体育会学生はもっとできると感じています。

部活の中で培ってきた、グリット力(頑張る力)、組織の中での振る舞い方、コミュニケーション能力、思考力…etc.

部活を通して他の学生には絶対にできないような経験をしていますが、それをまだまだ活かしきれていないという印象を受けています。

最初にもお話したように部活に熱中するあまり就活が少しだけ疎かになっていると感じています。(一般学生との比較において)

忙しいことは百も承知ですが、「部活”か”就活」ではなく、「部活”と”就活」を同時実現できるよう学生の皆さんには頑張っていただきたいです。

これから今まで以上に大変な毎日が始まりますが、皆さん頑張ってください!!



Related Column
関連コラム

19卒体育会限定夏採用企業紹介