楽しいだけじゃなかった就職活動。苦労した時期に変化した考え方とは?? -就活体験談vol.15

***楽しいだけじゃなかった就職活動。苦労した時期に変化した考え方とは??***



〜就活について〜

就活を振り返っていかがでしたか?



本当につらいこともありましたが、終わってみると自分にとって必要な時間だったと思います。スタート当初になめていた分、途中は苦労をたくさんしました。


就活中に経験した苦労とはなんですか?



自分のありのままで話しても、装いの自分で話しても実を結ばなかったことです。どちらをとっても上手くいかない不安、周りと比べた劣等感が本当に辛かったです。

苦労したときに、何をしたのか教えて下さい



自分の考え方を変えました。その変化は『人事は ×スーパーマン→ ○自分と同じ人間 』という捉え方です。最初、人事の方は自分の良さを100%受け取ってくれる超人だと思っていました。でも、もらったフィードバックで「コミュニケーションがとれてない」ときて、今のままじゃだめだなと思ったんです。"自分と同じ人間である人事の方に、たった15分間で自分をどう売り込むか"そう捉えるようになると行動も変わり、結果も変わってきました。



就活の軸はなんでしたか?



相手との関わりの深さです。ビジネスの利益面だけでなく、貢献性の強さがあるところを探していました。説明会やセミナーに行った際には、「ここでしかやれない仕事はあるか?」という質問を毎回していました。僕が内定していただいた企業は、まちづくりという観点から、その土地に住む人々の繋がりを創出していくことを仕事としています。そうした部分と自分の軸が一致しました。



〜CSParkcareerを通じて〜

サービスを使い始めたきっかけは何でしたか?



もともとはコーチからの紹介です。先に利用していた同期から「マジ神」と言われ、僕も面談を申し込みました。


使ってみてどうでしたか?



初めは中島さん(CSParkcareer社員)がめっちゃ怖かったです…!というのも自分の話すことが1だとしたら、中島さんは10理解してくれるんです。いい意味で「うそつけねえ」と思いました


使い続けてくれた理由はありますか?




自分が伝えたいことと中島さんに伝わっていることのギャップがなかったこと、100%で受け止めてくれるぶん自分も100%でぶつかっていこうと思えたこと。この二つが使い続けた大きな理由です。自分の苦労したとき、中島さんが寄り添ってくれたことで考え方を変えて切り替えることができました。ここまで真剣に向き合ってくれたのが嬉しかったです。


〜スポーツと自分〜

今までずっとスポーツをやってきて、よかったと言えること、就活で生きた点はありますか?



相手の気持ちへのアンテナが強くなりました。結果も対人関係もとことん本気で向き合えたことは人生での大きな糧です。また、就活ではその経験を話す自分の納得感説得力がありました。


逆に、悪かった点はありますか?



自分が本気だった分、他人の熱量のなさに冷めた表情や態度をとってしまったことです。そうした他人への傲慢さから、変な余裕が生まれて就活は出遅れてしまったと思います。


最後に、後輩へメッセージをお願いします!



「相性がよかった」「就活は縁だ」と話す先輩たちは、しっかり準備した上でそうした発言をしています。僕はそれに気づくのが遅く苦労したので、後輩の皆さんには早くから自己分析や企業調べなど準備を徹底してほしいです。本気で自分のことを考え抜いたぶん、僕はこの就活をやってよかったと心からいえます。体育会学生としての本気を、人生の本気に今から変えていって欲しいです!!




いかがでしたか?この学生は考え方から行動が変わり、結果も変えることができました。皆さんの人生の本気な一歩を「マジ神」な社員が全力でサポートします!

Related Column
関連コラム

説明会では聞けない社会人のリアルを知ろう!