「どうせ自分なんて」→「自分でも何かできる」就活での気持ちの変化とは?-体育会学生就活体験談vol.17


「どうせ自分なんて」→「自分でも何かできる」就活での気持ちの変化とは?

中央大学女子ラクロス部にて努力するTさん。就活前後で感じた自分の変化に関して話していただきました!



〜就活を振り返って〜


就活を終えてみて?


振り返ってみればあっという間でした。就活を通じ、マイナス思考しかなかった私が前向きに物事を考えられるようになり、自分でも驚いています。最初に自己分析をとことんやってみて、自分のことを意外と知らなかったことに気づけました。自分のしてきた行動の中に、どういう気持ちがあったのかを振り返ることができたことで、他人の気持ちにも寄り添えるようになりました。

ポジティブになれた理由は?

とにかく言葉にしていったからです。面談中に話す全てのことを言語化してもらったおかげで、自分の良さが明確になったことも大きいです。また、”ネガティブな時間がもったいない”と捉えるようになりました。就活中はとにかく時間がなく、嫌なことがあっても次の選考も続いていくので、切り替えがうまくなりました。


自分の就活の軸は?


第一として、人を尊重する文化があるかどうかです。私自身が楽しいのはもちろん、自分の周りや目の前の人が楽しいことも大切にしたいと考えていたからです。
また、真剣にやる中でどれだけ自分の幅を広げられるかも大事にしていました。




〜CSParkcareerを通じて〜




使い始めた経緯は?


CSParkcareerさんが学校に来てくださり、教室で自己分析をみんなでしたのがきっかけです。この機会を逃したら、もう自ら連絡することはなさそうだなと思い、その場で面談日を決めました。

実際面談してみてどうでしたか?


フランクに話してくださるので、なんでも気軽に自分のことを話すことができました。自分が言葉にできるまで待ってくれたり、自分にあるけど無い潜在的なものを引き出してくれて心強かったです。面談後はいつも、またお願いしたいなと思うぐらい毎回の面談時間は濃いものでした。

〜体育会×就活〜



部活動をやっていてよかったことはありますか?


人生単位だと、中高大をすべてで家族以上に時間を共にした仲間がいることです。就活でいうと、周りの大学生より自信が強かったことです。他の学生よりも、自分を追い込んで努力してきたという過程があったので、就活も堂々とできたと思います。




〜3年生にメッセージ〜


人それぞれ、自分のペースで頑張って欲しいです。自分のペースでコツコツやっていくことができたら、就活でツラいと嘆くことは無いと思います。私は、就活を通じて自分を見つめ、マイナスからプラスに考え方が大き変わりました。皆さんにとっても、人生のターニングポイントにして欲しいと思います!応援しています。


いかがでしたか?皆さんのペースに、担当社員が寄り添います。一緒に就活を前向きに取り組んでいきましょう!!


RANKINGランキング

Related Column
関連コラム