「今の頑張り」=「社会で働く自分の糧」-体育会学生就活体験談vol.23

「今の頑張り=社会で働く自分の糧 」そんな価値観を持てたという、Yさんの就活についてインタビューしました!


Yさんは専修大学の女子ラクロス部に所属し、通信商社に内定が決まっています。



〜就活〜

就活を振り返っていかがでしたか?


こんなに時間を使って自分のことを考えることは今までなかったです。自分自身を客観的に見つめ直す機会になりました。


自分自身を見つめ直してわかったことはありますか?


自分の今まで大切にしてきた価値観を認識することができました。自分が何気なく部活や大学を選択してきて、なんとなくのつもりだったがすべて共通点があったんです。「周りの人を尊重し、かつ自分が成長できる環境」を私は選んできていました。「暮らせるだけのお金を稼げたらいいや」と就活前は思っていましたが、自分の価値観に気づけたことで、企業選びが楽しくなっていきました。


就活中つらかったことは?


話せたと思っていた面接のフィードバックで、印象が暗いと言われたことです。
普段は明るい性格なので、少しショックを受けました(笑)人に与える第一印象の大切さと難しさを知りました。


今の企業に意思決定した決め手はありますか?

自分が大切にしてきた価値観から、「なにがしたいか」ではなく「どうありたいか」を一番に考えていたので、こういう大人になりたい、こんな人と一緒にいれたら自分はもっと成長できそう、と思える人が多くいた今の企業を選択しました。


〜CSParkcareerを通じて〜


使い始めたきっかけはなんですか?


先輩がお世話になっていて、私が学年代表として連絡させていただきました。
最初「チームのこと」を話していただいた際、外部の方からの意見の貴重さに気づき、時間をつくってもらうことになりました。


使ってみていかがでしたか?



企業が何をやっているかではなく、大事にしている理念や指針、社会に対してその企業が果たしている役割についてを説明してくれたところ。面談してみて、ベラベラ話すことを綺麗に整理して落とし込んでくれました。自分の価値観をすくい上げ、企業の価値観と当てはめてくれたので多くの企業に興味を持てたと思います。


また、就活はもちろん部活の話もたくさん聞いてくれました。それも、終電間際まで(笑)この面談の時間があったからこそ、部活も就活も全力で向き合えたと思っています。

〜スポーツ×人生〜


スポーツとの関わりが多かった今までの人生を振り返ってみてどうですか?



自分の理想像を常に与えてくれていたのがスポーツです。個人競技では自分自身の反省対策を真剣に考え、団体競技では人がしてることを自分のことのように喜べるようになりました。そういう機会を与えてくれた部活動、スポーツには本当に感謝しています。


体育会としての就活中はいかがでしたか?



就活中はスポーツでうまく気分転換をし、常に安定した気持ちでいれました。スポーツを取り組んでいる時間が、これからの自分を作っているのだと思えたことは自分にとって大きな自信となりました。


3年生へのメッセージをお願いします!



みなさんの今の頑張りは、必ず未来に繋がっています。その部活に対する本気の時間は、社会で働くみなさんの糧になっているはずです。部活と就活を分離せずに捉えて、人生の理想的な在り方を考えてみてください。応援しています!

いかがでしたか?みなさんも、今頑張っている部活動を100%就活にも生かしていきましょう!面談等でサポートさせていただきます。


RANKINGランキング

Related Column
関連コラム