"内定獲得まで8ヶ月間の道のり"-体育会学生就活体験談vol.19

明治大学女子ラクロス部に所属するOさんは、銀行に内定が決まりました。部活でも社会でも、認められる存在になるために努力するOさんに就活に関しての質問に答えていただきました!


就活はいつから始めましたか?


就活は11月から、約8ヶ月間取り組みました。特に自己分析に時間をかけました。

なぜ自己分析に時間をかけたのですか?


どういう仕事をしたいのか、自分の軸を知る必要があったからです。

どうやって自分の価値観を知ったのか?


ひたすら周りの人に自分の話をして、フィードバックから気がつきました。
仕事の話より、人生の変化を選んだ動機や挑戦した理由などを、ずっと話していました。その蓄積から自分自身について知ることができました。

その結果知ることのできた自分とは?


他人に認められたく、承認欲求が強いです。他の人に自分の知識や技術を還元して、評価してもらいたい人間です。

いつから承認欲求が強くなったのか?


口に出して言えるようになったのは就活をしてからです。
他の人にも絶対にある当たり前の欲求であると認識して、言って恥ずかしいことじゃないと思えるようになりました。

なぜ銀行に意思決定したのですか?


単純に世の中の全ての人が必要になるものは、人・金・情報。
最初は、人材・コンサル・銀行で考えていて、より責任が重い仕事だと感じたのが銀行でした。リスクありきで、本当に自分が必要とされたいと考えています。

銀行で働くことのやりがいはなんだと思いますか?


お客さんのために死ぬほど働きたいと思えることです。その結果感謝されるのが嬉しい、その先のきっかけ作りにもなるのが素敵だと感じています。
意外と泥臭いイメージだったのが、自分に合うと思っています。

CSParkCareerを知ったきっかけは?


きっかけは、先輩から紹介されたからです。どこかと比較したわけではありませんが、他のところは、顧客が多すぎて大変そうだと感じました。フランクな雰囲気で、自分一人に真摯に向き合ってもらえたと感じたのがCSParkCareerさんです。

就活中、苦しかったことはありますか?


自分が行きたかった業種に違和感を覚えた時に、どうしたらいいか分からなくなりました。ESを何度も書いても、自分の思いが分からず薄っぺらい内容になってしまう時期があり、その期間はすごく辛かったです。


体育会の強みはなんですか?


辛くても最後までやり切る力がつきました。精神力が身につき、それを通して性格が明るくなったと思います。ハキハキしているなどの体育会のイメージに自分があっていたので、好印象が倍増しました。また、OBOGのつながりが強く、普通じゃ考えられない情報を知ることができたと思います。

逆に体育会の弱みはなんですか?


与えられるものをやるイメージがあります。コーチや監督の指示をやるだけで、あんまり自分で考えない人もいるところです。

就活は楽しかったですか?


めちゃくちゃ楽しかったです。自分を知れたし、成長することもできたからです。

最後に後輩へメッセージをお願いします!


就活は自分の心に素直になる大切な時間です。ちょっとカッコつけて自分の心を偽ると後々後悔するときがきます。自分の過去、今、将来に素直になれば心から就活を楽しむことができると思います。




PICK UPピックアップ

RANKINGランキング

2時間/回の個人面談はCSParkCareerだけ!

Related Column
関連コラム

就活のお悩みをチャットボットに相談!