月収20万なんて古い。30万以上の高収益企業の厳選5社

新卒として働くのなら、他の人よりも良い給料で働きたいと思いますよね?

月収20万円ほどが現在の新卒の初任給ですが、好待遇ならそのほうが良いと思うのは当たり前です。


今回は新卒でも初任給が高い、月収30万円以上の好待遇の企業を紹介します!



日本商業開発株式会社


初任給:50万円


日本商業開発株式会社は「JINUSHIビジネス」という独自の不動産投資法を取り入れている企業で、

収益の柱は土地のみに投資することにより、リスクを下げて利益を生み出しているビジネスモデルです。


新卒でもらえる初任給は、50万円と、現在新卒で貰える額として日本で最高額なのがこの日本商業施設株式会社です。


圧倒的な額を貰えるので、給料が高い企業に就職したいという人にはおすすめの企業です。


KLab株式会社


初任給:32万円


KLab株式会社は携帯ゲーム事業を中心としている情報通信事業会社です。


主に携帯のソーシャルゲームなどの開発、運営などの業務を行っています。

ソーシャルゲームを作り出したのは、2009年なので最近に頭角を現してきた企業ということになります。


聞いた事がないかもしれませんが、東証一部にも上場しています。

月収32万円というと、新卒ではかなりの高収入ですね。


中国の企業とも業務提携しているので、今後注目の企業になっていくでしょう。


株式会社ドウシシャ


初任給:30万2千円


株式会社ドウシシャはプライベートブランドやナショナルブランドの販売を行う小売店支援を中心とした「流通小売業」を営んでいる会社です。


つぶれないロマンある会社づくりを提唱し、。

東京の本社には、展示フロアがあり商品の陳列、POPなどの演出がされており本当の小売店のような作りになっています。


基本的には小売店に自社の商品を売り、販売してもらうのが主な収益源になります。

だからドウシシャはプライベートブランドの販売の方が、利益率が良いということになります。


ユナイテッド株式会社


初任給:30万円


ユナイテッド株式会社はインターネット事業、ネット企業育成を主な事業にした博報堂DYホールディングスのグループ企業です。


CocoPPa、スマホゲームなどのスマートフォンメディア事業とRTB広告事業を主力の事業にしています。

CocoPPaとはスマホのアイコンや壁紙を自由にカスタマイズできるアプリです。

5000万インストール以上されており、ユーザーの89%は海外ユーザーというほどにグローバル化が進んでいる企業になります。


またRTB広告とは、ユーザーが視聴した分だけ広告費を支払うという広告システムを指し、


本当に現代における企業といった感じですね。


楽天株式会社



初任給:30万円


楽天株式会社は、インターネットサービスを展開している日本の大手IT企業です。

オンライン株式販売、クレジットカード、の収益が過半数を占めるオンライン金融業者です。


そのほかにも色々なオンライン事業を手がけており、

楽天市場、楽天トラベル、インフォシークなども楽天が展開しているオンライン事業です。


また、プロスポーツ事業にも投資していて、楽天ゴールデンイーグルスは楽天の持つプロ野球チームとなっています。


まとめ


初任給が高い企業を紹介しましたが、初任給と会社の規模感は違います。

これから伸びていくのはもちろん、インターネット事業を中心とした企業でしょう。



現に紹介した企業の中でインターネット事業を持っていない企業はありません。

専門的にインターネット事業を行なっているのは、5社中の3社となっていて半分以上の企業が専門的にインターネット事業を行なっています。


インターネット事業の良い点はコストをかけずに利益を生み出す事ができるという点です。


初任給だけではなく、これから大きくなっていく市場を見極めて自分が歩むべき道を考えるのも大切です。

Related Column
関連コラム

【食品業界】営業職セミナー