人は見た目が100%? 面接突破の鍵「ノンバーバルコミュニケーション」とは



面接を控え、「何を話そうか」「返答を準備しなきゃ」と考えている就活生はたくさんいます。ただ自分の良さのアピールは、話す内容だけではありません。

良い印象を与えるために重要なノンバーバルコミュニケーションについてお伝えします。


microphone-1804148_960_720.jpg



ノンバーバルコミュニケーションとは


「ノンバーバルコミュニケーション」は言語以外の情報をもとに相手とコミュニケーションをとる方法です。「表情」「行動」など、第一印象に大きく影響を与えると言われています。



ノンバーバルコミュニケーションの重要性 【メラビアンの法則】


話し手が聞き手に与える影響がどのような情報で形成されているかを示した面白い法則があります。


メラビアンの法則によると、人に印象を与える構成は、

・視覚情報(見た目、身だしなみ、表情)⇨55%

・聴覚情報(声の質、大きさ、ペース)⇨38%

・言語情報(話す言葉そのものの意味)⇨7%


Pasted Graphic.tiff


結果の通り、相手に与える影響の中で何を話すかという言語情報は1割に過ぎず、9割以上が非言語となります。

つまり、人は見た目が100%とまではいかなくとも、90%近くは印象で判断されるということ。何を話すかという内容はもちろん、与える印象に気をつけなくてはいけません。


thumb-up-3640323_960_720.jpg



印象を良くするには?


では、印象を良くするには、何に注意すべきなのでしょうか?3点お伝えします。


①表情


「目は口ほどにモノをいう」「顔に書いてある」というように、人は表情を読み取ることに長けています。緊張などで表情がこわばってしまい、暗い印象を与えてしまうことが少なくありません。つも以上に笑顔に注意してみてください。


②声


声の大きさやトーンも人の印象を強く動かします。「体育会はハキハキしてて印象がいい」というのも、声が大きなポイント。話し方として注意してみてほしいのは語尾です。語尾を上げると、話す内容が明るく伝わります。自己紹介や強みを話す際には意識してみてください。


③身だしなみ


大切なのは、清潔感。スーツのシワや靴の手入れ、髪型や爪などもしっかり普段から整えておきましょう。男性であればネクタイ、女性であればお化粧でも相手に与える印象が変わってきます。少し細かいですが、見られ方を考えてみましょう。



おわりに


いかがでしたか?自分の良さのアピールは、「何を話すか」という内容はもちろん、「どのように伝えるか」という聞き手に与える印象を考えることが非常に大切です。客観的な見られ方を意識し、面接に臨みましょう。









RANKINGランキング

Related Column
関連コラム