企業研究で見ておくべき大切な5つのポイントとは??

就職活動をするときに、絶対に欠かせないのが「企業研究」

企業研究を行うことで企業の理解度が増し、自分がやりたいことに照らし合わせ吟味することができます。

しかしいざ入社した後に自分のイメージとギャップがあると、モチベーションの低下に繋がり、辞めるという選択をしなければいけないこともあります。
そういった選択をしないために、企業のことをしっかりと理解し、入社前後のギャップを小さくする必要があります。

そこで今回は、企業研究をする際に見ておくべき「5つの大切なポイント」を紹介します!


企業研究の目的とは?


就職活動における企業研究をする目的として、


・企業のことを深く知って自分とマッチしているかを考える

・企業を深く理解して企業の中で自分のやりたいことを明確化する


これら2つが主な目的として挙げられます。


企業のビジネスモデルや事業領域、理念を深く知ることで、自分の本当にやりたいことがその企業に入って出来るのかを理解する必要があります。
また、企業を理解することで、会社に入りどんなことがしたいのか、どんなことを成し遂げたいのか。といったビジョンを明確にすることができます。


その明確化したビジョンを志望動機にすると、自分にしか言えない志望動機を作ることが可能に。


以上から、企業研究をすることの一番大きな理由は、


「自分にしか言えない志望動機を作ること」です。


ここからは企業研究で見ておくべき5つの大切なポイントを紹介していきます。


①企業の特徴を調べる


企業の特徴と言っても分かりにくいので、その企業が自社で提供している代表的なサービスを調べておくといいでしょう。

企業には色々な情報があるのですが、サービスについて詳しく調べておくことで会社がどのようなことをやっているのか、自分が入った時にどんなことに携わっていきたいのかということを自分の中で明確にし、言語化できるようになります。

その自分が入ってどのようなことをしたいのかを言語化できる(話せる)ということは就職活動の採用面接においても大切な要素です。
また、そのサービスはどのような広がりがあるのか、自分が入ったらそのサービスにどのような価値を付加できるのかを話すことが出来れば、他の就活生との差別化を図る事ができるでしょう。



②他の会社との違いを調べておく


同じサービスを展開している他社との違いをしっかりと調べておくことも大切です。

前項のようなことを面接で話した後に聞かれる質問が「他社も同じようなサービスを展開しているところもありますが、なぜ弊社を選んだのですか?」ということです。そこで答えられないと、他の会社でもいいのでは?と面接官からは思われてしまいます。


そのうえで他社との違いを調べ、なぜこの会社を志望するのかを明確にしておくと、面接官が納得のいく答えを用意する事ができます。


例えば、

「他社ではこのサービスはこういう強みがありますが、御社ではこういう強み・違いがあります。だから私は他社ではなく、御社を志望しました。」

という風に答えることができるのです。

そういう違いを自分の言葉で話せるようにしておく事が大切です。


③企業のビジネスの可能性を調べておく


企業のビジネスにおける、今後の展開を調べておくことは重要です。
その業界が、今後どんな方向に進んでいく可能性があるのかをきちんと調べておくと、その業界についての知識も深めることができます。


それに加え、「その業界に入ったら何をしたいのか?」という漠然とした質問にも答える事ができます。

その質問に対する答えの例として、「この業界に入ったら今後こう変わっていく。だから自分はこんな方向で進んでいきたいです。」というような答え方ができるのです。



④年功序列的か、実力主義の風土なのかを調べておく


会社に入ってからのモチベーションの低下に繋がるのが、上に気に入られなければ昇格することができない「年功序列」の風土です。
その空気感のなかで、いくら頑張っても上に上がれなかったりすると、やはり入ってからストレスやモチベーションの低下になってしまいます。


日本ではベンチャー企業やスタートアップ企業を中心とした「実力主義」の会社が増えてきましたが、依然、年功序列の風土が残る会社が多いので、バリバリ働いて昇給、昇格したい人は気をつけなければなりません。



⑤会社に入っている人の口コミを調べておく


企業の人事担当者はかなり綺麗な言葉でその企業のいい面をアピールしてきます。
しかし、人事の人が話すことと、実際に入社した時とのギャップは少なからずあります。


だから、実際のその企業の空気感を知るために、企業に所属している人の口コミを調べておくことが大切です。
最近では、就活サイト等により企業内部の実情を知ることが出来るようになりました。

人事の人がどんなに企業の良い面をアピールしてきても、しっかりと自分でその企業の実態を調べることが大切です。


まとめ


企業研究は「自分がどんな企業に入りたいのか」ということを考え、その企業は自分の入りたい会社像にマッチしているのかということを考えることが大切です。

企業に入っても転職できないというわけではありませんが、入社した初期の段階から嫌になって辞めてしまうことは避けるようにしたいですね。

今回紹介した5つのポイントを参考に、納得のいく就職活動をしましょう!

Related Column
関連コラム

説明会では聞けない社会人のリアルを知ろう!