7月からのリスタートで、2週間内定!〜明治大学 菅井くん〜

明治大学男子チアリーディング部 菅井くんにインタビュー!

自分の「軸」が無いまま就活を行っていた、彼。

上手くいかなかった就活が、上手くいくようになったきっかけはなんだったのでしょうか?


プロフィール

(写真 真ん中)


明治大学政治経済部男子チアリーディング部

大手人材会社内定


就活はいつからはじめたのですか?


3年生3月に始めました。

これといったきっかけは特になく、周りの友人たちが始めたので、自分も始めてみようかと思ったので始めました


最初に始めたのは「ESづくり」からです。

それは企業にエントリーするために、とりあえず何かしらのものが必要だったからです。


特に行きたいと感じていた業界も企業もなく、有名企業や人気企業に入れればいいと考えていました。

それは、有名・人気企業のどれかに入ることができれば“かっこいい”人間になれると考えていたからです。


"とりあえず"就活を始めてみてどうでしたか?

このような“軸がない”状態でも、いわゆる“かっこいい”企業の選考には残り続けることができました。ただ、大手広告代理店や総合商社の最終選考に残れたとしても、そこからなかなか内定をもらうことができなかったです。それは今思えば、“軸がない”状態だったからだと思います。

そのためいわゆる大手の選考が終了する時に納得した形で就活を終えれていませんでした。


7月からのリスタート

そのため、7月からリスタートを切ろうと考えました。この頃からCSParkCareerで面談をするようになったと思います。

ここでの面談を通して、自分の中で感じていた“かっこいい”企業に入り、“かっこいい”人間になるということを、自分の価値観からキャリア軸、企業へと結びつけ「自分の市場価値を高めることができる企業」という具体的な内容を言葉にすることができました。この言葉に落とし込めてからは、「市場価値を高める」ということを意識していたと思います。


リスタート後から約2週間で内定


7月からの面接は今までとは違い、自分の想いがしっかりと伝わり、企業に一人の"人"として認めてもらい合格をいただけているような感覚がありました。それは面談を通して、自分自身のやりたいことや、なりたい姿が明確になり、自分の最も本質的な部分で企業とマッチしているかどうかを見ることができるようになったからだと思います。


内定企業に決めたのは、具体化できた自分の軸にしっかりと当てはまっていると感じたからです。お会いできた社員の方々も、自分のことを「就活生」としてよりも一人の「人」として対応してくれていたと思います。


また、チアリーディングをまだ続けているので、それが続けられる環境も整っていると感じたので、内定企業が自分に合っていると思いました。

仕事では市場価値を高め、チアでは今後も世界を目指せるようなそんな人材になることを目指していきます。


2週間で内定獲得したい方は面談へ【無料】


部活との両立について


体育会学生 明治大学 菅井君


時間的にはきつかったです。ただ、体力的にはそこまできつくはなかったです。友達と話をしたり、息抜きがうまくいったからだと思います。就活を再開してから内定をいただくまで2週間程度だったので、そういった意味でもそこまで大変ではなかったです。


CSParkCareerを知ったきっかけ&利用してみてどうだったか


知り合いの先輩に紹介してもらったが利用することになったきっかけです。


面談の内容は、とても理論的だったと感じています。自分の中でとても納得できることが多かったです。

だからこそ、信頼できると感じ、利用し続けたのだと思います。


「自分の市場価値を高める」という自分の「軸」を見つけることができたので、そういった意味でも利用してよかったと感じています。


体育会学生の後輩へおすすめ


自分の「軸」をもってやるべきです。

実体験から言うと、「軸」が無くても最終選考まで選考が進むこともできました。ただ、「軸」が無いと、最終選考でそのことを見透かされてしまい、内定をもらうことはできませんでした。仮に、そこで内定が出ていたとしても「納得」できる結果を得ることはできなかったと考えています。


自分の「軸」を持つためには、しっかりとした自己分析を行うことが重要です。CSParkCareerのアドバイザーは、面談を通して自己分析のサポートとしてくれます。まずは一度面談をしてみてください!



アドバイザーに就活相談【無料】


LINEでサクッと相談!

Related Column
関連コラム